分析サービスのご案内 >> 

有機顔料中PCB分析

三浦工業の有機顔料中PCB分析
ダイオキシン分析
短納期分析(公定法)
ミウラ迅速分析(簡易法)
土壌汚染調査
排水・河川水等濃度調査
TPH試験(GC-FID法)
絶縁油中PCB分析
ご依頼から結果報告まで
絶縁油のPCBについて
有機顔料中PCB分析
放射能測定
食品分析
LAS分析
平成24年2月に、一部の有機顔料が、製造工程において非意図的に副生したポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という)を含有することが判明しました。これをうけて経済産業省は、緊急的かつ暫定的な措置として50ppmをこえてPCBを含有することが判明した有機顔料の製造・輸入、使用の停止や回収等を指導するとともに、有機顔料中に含まれるPCBの濃度レベル等について実態把握を進めています。

※詳細はこちら
http://www.meti.go.jp/press/2011/02/20120210008/20120210008.html

また、実態調査の結果、こうした有機顔料中に副生するPCB濃度が分析方法によって結果が大きく異なることが判明しました。
これをうけて、経済産業省は、2012年11月30日に「有機顔料中に非意図的に副生するポリ塩化ビフェニルの有無の再確認について」の文書を公表し、これまでに提出した分析結果のうち分析方法によっては再分析が必要になりました。

※詳細はこちら
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/about/class1specified_ganryo_121130.html

弊社では、適正な分析方法を用いて、精度の高い有機顔料中のPCB分析を行います。
PCB分析は、ぜひ当社にお問い合わせ下さい。

分析フロー

試料 0.1g サロゲート添加
少量のヘキサン添加
硫酸に溶解
ヘキサン抽出  
クリーンアップ  
GC/QMS測定  
試料量
1g程度
検出下限
0.1mg/kg
納期
試料受け取り後2週間程度

ページトップへ
お問い合わせお電話でのお問い合わせは 089-960-2350

分析サービスのご案内
b_line